ジェネリック医薬品とは?|個人輸入でパノラミスなどのお薬を買おう!犬だけでなく人の薬も!

個人輸入でパノラミスなどのお薬を買おう!犬だけでなく人の薬も!

色々な薬のシート

ジェネリック医薬品とは?

錠剤やカプセル

ジェネリック医薬品という言葉を聞いたことがあるけど、ちょっと何かよくわかんないという人の為に、ジェネリック医薬品とはなんぞや?という疑問を解決していきましょう。
いつからか聞くようになったこの医薬品ですが、なにやら正規品のばったもんのような印象があるというひとも居るでしょう。そのわりには値段が安く、ああばったもんだからかと思っていたら効果が一緒などと言う。知れば知るほどなぞは深まるばかりです。

ジェネリック医薬品というのは後発医薬品とも言われています。あとから作られるものなので、ああなるほどという人もいるかもしれませんね。最初に作った製薬会社のうちのもんだよ!という特許が切れるとどこでも作って良いようになります。
同じ成分で同じ効果のものを他の会社も作ることができるようになるのです。ブランドじゃないと嫌だというこだわりがない限りは、ジェネリック医薬品という声もありますが、その理由は次の通りです。

第一に開発費用が一から掛かってないので安価で済むため、値段も安い。第二に、正規にはない工夫をすることができ、飲みやすくなっている。ということです。

このおかげで、本来の製品を買うよりも安く済むのでいくつでも持っておける、であるとか、もとは苦くて飲めなかったけど甘く改良してあるので飲みやすくなった!ということが出てくるわけです。
もちろん正規品よりも安価になっている理由のひとつに効果に影響のない範囲内での材料などの見直しもあるので、その辺が気になるというひともいるかもしれませんが、基本的には問題視するほどではありません。